会社情報

company identification

会社概要

会社名

株式会社東京調剤センター

代表者

長崎 雄太(代表取締役)

設立

昭和52年(1977年)6月22日

資本金

3000万円

事業内容

調剤・医薬品販売

年商

30億円(平成27年度)

店舗数

15店舗

従業員数

約158名(うち薬剤師104名)

卒業大学

昭和大学薬学部、星薬科大学、慶応義塾大学薬学部、帝京大学薬学部、日本大学薬学部、昭和薬科大学、明治薬科大学、東京薬科大学、東北薬科大学、神戸学院大学薬学部、城西大学薬学部、東京理科大学薬学部、富山大学薬学部、他

取引銀行

三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、みずほ銀行、商工中金

取引先

アルフレッサ、メディセオ、スズケン、東和薬品

事務所

〒142-0054東京都品川区西中延2-15-23 アネックス旗の台

TEL     

03-3788-6026(代表)

会社沿革

1977.6 

株式会社 東京調剤センター 設立

1980.4

「渋谷調剤薬局」を開設

1996.4

「いずみ薬局」を開設

1998.7

「わかば薬局」を開設

2000.3

「ひので薬局」を開設

2002.2

「のぞみ薬局」を開設

2003.10

「ふたば調剤薬局」を開設

2004.4

「下宿薬局船橋店」を開設

2005.4

「下宿薬局桜丘店」を開設

2008.6

「みずほ薬局上町店」を開設

2010.4

「あおば薬局田園調布店」を開設

2014.10

「白金ヴェルデ薬局」を開設

2015.11

「下宿薬局桜丘2号店」を開設

2017.3

「恵愛薬局」「恵愛薬局経堂北口店」をグループ化

2017.10

「あおば薬局田園調布2号店」を開設

現在まで、様々な環境変化がありました。今後も予想できないような事態が起こるかもしれません。あらゆる環境において、社会から必要とされる「人間」「会社」であるためには、現状に満足することなく、改善・改良を繰り返す工夫や努力、新しいニーズの予想など・・・常にアンテナを張り続ける必要があります。
わが社の未来を担う社員一人一人に期待するのは「新しい視点と変化を求める気持ち」です。

私達に何が求められているのか?
私達は何ができるのか?
そして、何をしたいのか・・・?
 
私たちは患者様の「健康でありたいという願い」を叶えるためのお手伝いをいたします。
私たちは医師や看護師とともに「医療の質の向上」のために貢献いたします。
「私たちは何をしなければならないのか?何ができるのか?」
素直で誠実な心と目でその答えを追い求め続けます。
 
一緒に考え、「より良い仕事」「質の高い仕事」を創出し、共に成長していきましょう。

代表取締役・薬剤師 長崎 雄太


LinkIcon賢者グローバル
KENJA GLOBAL(賢者グローバル) 株式会社東京調剤センター 長崎雄太


代表の長崎が、日本経済新聞社が運営する「 私の道しるべ」~未来の日本へリーダーたちのメッセージ~に取り上げて頂きました。やりたいことがあるのならあとは実行するかどうか。そのメッセージに込められた想いを、薬局という場を通して感じて頂けたらと思います。
 

東京都城南地区でドミナント戦略に基づき、事業売却・事業継承を一緒に考えていただける方を探しています。

 

薬局経営のお悩みは増えてきていませんか?

 近年、調剤薬局を取り巻く環境は変化のスピードが早く、厳しいものになってきています。立地によって要因が変わってきますが下記のような問題点が考えられます。

  • ・大手チェーンによる出店攻勢
  • ・薬剤師の確保が困難
  • ・オーナー様の高齢に伴う後継者問題
  • ・調剤報酬の改定により収益のダウン
  • ・薬価差益減少による利益率の悪化
  • ・消費税アップの影響

 また、近年在宅医療に調剤報酬がシフトしてきていますので、居宅介護についてのノウハウが新たに必要になってきています。つまり、ここ数年で薬局業界の形態が大きく変化してきており、この先も消費税を含め今以上の変革が行われるのでないかと予想されます。この動きに対応できるかが、今後の薬局運営のカギになるのではないでしょうか? 
 

これからは在宅医療に対応しなければならない時代

 東京調剤センターでは、少子高齢化に向けて介護施設にお薬をお届けする仕事をいち早く取り組んできました。お陰さまで、40以上の施設様にご利用していただいています。更に今後、在宅医療に対応する為に、無菌調剤室もわかば薬局(品川区)下宿薬局桜丘店(世田谷区)に完備しました。尚、わかば薬局の無菌製剤室はがん化学療法剤など、リスクの高い注射薬剤の混注業務を安全に行うために安全キャビネットも完備しています。
 その他には、下宿薬局船橋店では、居宅介護支援事業所を薬局に併設して、ケアマネジャと共に在宅支援を行っております。
 

エリアを絞った店舗展開が強みです

 東京調剤センターでは、渋谷区・目黒区・品川区・世田谷区・大田区・港区という、東京都城南地区にアリアを絞った店舗展開をしています。エリアを絞った店舗展開により、物流の効率化などハード面のメリットに加えて、薬局長会議は全員顔を合わせて行えますので情報の共有、本部スタッフが1日で回れるなど人のソフト面でも、様々なドミナント戦略の効果が表れています。
 今後も、エリアを外さず店舗展開をして、もっと効果のある経営を目指してまいります。
 

地の利やノウハウを共有できる仲間を探しています

 パートナー関係には色々な形態があり、一言で言い表せるものでもございません。弊社の強みは、高齢化社会に対応する在宅支援の準備が整っている事。また、東京都城南地区と言うエリアを絞った展開をしていること。以上の2点だと考えています。この点を色々な薬局の方々と、うまく組み合わせて、更なる飛躍を一緒に目指せたら嬉しいです。
 まずは些細な事からでも、ご相談出来る環境を構築出来るよう努力をしていきますので、質問や疑問点がありましたら、どうぞお気楽にご連絡ください。
 

東京調剤センター 担当 佐藤
連絡先 TEL:03-3788-6026
提携先エリア 東京都城南地区(品川区・大田区・渋谷区・世田谷区・目黒区・港区)
及び周辺地域 エリアについては極力対応していきたいと思っていますのでご相談下さい